特殊外来

いのちとQOLのために…

〜腎移植〜

腎移植・副腎外来

(月曜日午後 担当医:篠田和伸)

腎移植

(1)腎不全の治療法は?

進行した腎不全の治療法には大きく分けて2つの治療法があります。ひとつは人工的に、腎臓の働きを補う『透析』、もうひとつは、他の人から腎臓そのものを移植する『腎移植』があります。『透析』は週2-3回通院して、血液の浄化装置で3-4時間の治療を行う血液透析と1日3-4回、お腹に入れたチューブを使って腹腔内の透析液の交換を行う腹膜透析とがあります。『腎移植』は働きを失った腎臓にかわり、腎臓提供者(ドナー)より提供された健康な腎臓にその働きを代行してもらう方法です。透析は腎臓の機能のすべてを代替することはできず、時間的、社会的制約も大きいです。それに対し腎移植は現時点で腎不全の根本的治療に最も近い治療法といえます。移植後は生涯を通じて免疫抑制剤の内服を要しますが、透析療法に比べ、生活の質が大きく改善するのみならず、生存率も上昇するという報告もあります。

腎移植には大きく分けて『生体腎移植』と『献腎移植』とがあります。生体腎移植は、ドナーから2つある腎臓のうちの1つを頂いて、患者さんに移植する方法です。一方、献腎移植は、脳死者または心停止の方から腎臓の提供があった場合に、その腎臓を移植する方法です。

(2)移植術後の予定

患者さん(レシピエント)の場合

手術後2〜3日は安静を保つ必要がありますが、順調に行けば、翌日からご飯を食べることが出来るようになります。最終的に手術後3週前後で退院となります。その後は1〜2週に1回の外来通院を1-2ヶ月続けます。当院で手術をうけた患者さんの移植腎生着率(移植した腎臓がだめにならずはたらいている確率)はきわめて高いですが、腎移植後には移植した腎臓に対する拒絶反応や、免疫抑制剤を内服することによる感染症がおこることがあるため、安定しても4〜6週に一度の外来通院で経過を見ていく必要があります。当院では移植した腎臓の状態をみるため、術後3ヶ月・1年目に腎生検(針をさして移植した腎臓の組織をとり、顕微鏡で見る検査)を行っています。

生体ドナーの場合

生体腎移植ではドナーに対する安全性を最重視しなければなりませんが、腎臓を摘出する際に腎機能に悪影響を与えず、しかもドナーの術後の疼痛を最小限とし、入院期間を短縮する努力が進められています。当院では豊富な腹腔鏡手術の経験を基に世界的に主流となっている腹腔鏡下腎摘出術をドナーの方の手術にも取り入れています。そのため、術後翌日には食事をしたり歩いたり出来るようになり、術後5日前後で退院可能となります。退院後も外来にて腎機能をフォローしていきます。

移植というと大変な手術だと思われるかもしれませんが、全世界で年間20000件以上、日本でも年間約1000例行われています。詳しくは、外来に話を聞きにきていただければと思います。近年では血液型が同じでなくても移植は可能となり、血液透析や腹膜透析を経ずに腎移植を受けるpreemptive(先行的)腎移植もさかんに行われております。

詳しくは当教室にて作成した腎移植パンフレット『いのちときずな』をご覧ください。

2014年4月より腎移植相談のお問い合わせ先が変更となりました。
腎移植希望、受診相談などお問い合わせの際には、病院代表電話(03-3353-1211)より 移植コーディネーターまでご連絡ください。

副腎

副腎は左右の腎臓の上部に1つずつ存在する小さな臓器ですが、生命活動の維持や血圧・電解質などの調節に重要な働きをするさまざまなホルモンを分泌しています。副腎は外側の皮質と内側の髄質とに分かれていて、皮質からはコルチゾール・アルドステロン、髄質からはカテコールアミンを産生しています。これらのホルモンは健常人では過不足無く適切な量が産生されるように調節をうけていますが、副腎に腫瘍が出来て通常必要な量を大きく上回るホルモンが分泌されるようになると、高血圧や肥満、糖尿病など多彩な症状をおこし、大多数が良性疾患ですが生命に危険を及ぼすことがあります。代表的な疾患を以下に挙げます。

(1)原発性アルドステロン症(アルドステロンの過剰産生)

高血圧、低カリウム血症、脱力などの症状を認めます。

(2)クッシング症候群(コルチゾールの過剰産生)

満月様顔貌・中心性肥満・高血圧・骨粗鬆症・糖尿病などの症状を認めます。

(3)褐色細胞腫(カテコールアミンの産生過剰)

高血圧・代謝亢進・高血糖・頭痛・発汗過多などの症状を認めます。

ホルモン産生異常が副腎腫瘍によって引き起こされているのであれば手術によって治すことが可能です。当院では腹腔鏡手術が本邦に導入された初期から副腎腫瘍の手術に対して腹腔鏡下手術を取り入れ、現在ではほぼ全例に腹腔鏡下手術を施行しており、本邦でも有数の症例数を達成しております。以前は大きくおなかをあけて手術をしていましたが、現在は1cm前後の3個から4個以下の傷が、おなかにできるだけになりました。手術の安全性はもとより、格段に術後の痛みも軽減され、回復も早くなっております。術後ホルモンの補充療法を施行するクッシング症候群などを除けば術後3〜5日で退院可能となります。

先頭へ