特殊外来

小児泌尿器科初診(毎週金曜日午後 担当医:浅沼 宏)

小児泌尿器科外来(毎週水曜日午後 担当医:浅沼 宏)


こどもの泌尿器科疾患は先天性(生まれつきの)疾患が多いのが特徴です。最近、このような疾患は超音波検査など診断技術の進歩や普及によって新生児・乳児期、時には胎児期といったより早期に発見されるようになっています。また、小児においても疾患によっては内視鏡を利用した低侵襲(負担の少ない)な治療が可能となっています。診療頻度の高い疾患の中では、出生時に精巣が陰嚢内へ下降していない停留精巣は乳児期の手術が積極的に行われるようになっています。小児期の尿路感染症の原因として重要な膀胱尿管逆流症や水腎症は、診断後早期に手術が必要となるお子さんがいる一方で、成長にともなって自然に改善してくるお子さんがいることも分かってきました。また、立位排尿や将来の性交渉の障害となる尿道下裂は手術方法の改良が進み、術後の合併症が軽減され美容的にもその治療成績は向上しています。さらに、学童期に問題となる夜尿症はアラーム療法など新しい治療方法が導入されています。

「小児泌尿器科外来」では主に以下のような疾患を対象に、このような最新の医学的根拠に基づいて「疾患の病態、治療方法、長期的見通し」などをご家族の方にも分かり易く説明し、十分納得の上で診療を進めていきます。また、ホルモン機能や消化管などいろいろな他の臓器にも関連する複雑な病態を持つお子さんや、自己導尿など自宅での管理が必要なお子さんに関しては、小児科・小児外科などの各専門医や担当看護師などとチームを組織し、より総合的な医療の提供に努めます。

担当する主な疾患

上部尿路疾患

水腎症、膀胱尿管逆流症、腎腫瘍(ウィルムス腫瘍など)、多嚢胞性異形成腎、腎結石、巨大尿管症、重複腎盂尿管、異所開口尿管、尿管

下部尿路疾患

尿道下裂、夜尿症、神経因性膀胱、後部尿道弁、総排泄腔奇形、総排泄腔外反症、膀胱外反症、膀胱腫瘍、過活動膀胱、尿道上裂、前部尿道弁、尿道脱、尿道外傷

生殖器疾患

停留精巣、移動性精巣、精巣腫瘍、精索静脈瘤、精巣捻転症、二分陰嚢、埋没陰茎、陰茎腹面屈曲、陰茎回転症、包茎、性分化障害(先天性副腎皮質過形成、混合性性腺異形成など)

先頭へ