診療

入院診療

病棟

  • 泌尿器科病棟は新棟6階の6N病棟(ベット数44床:4人部屋32床、個室12床)です。その他状況に応じて他病棟に入院の可能性もあります。
  • 検査、手術管理や化学療法、放射線治療などが入院の上施行されます。

主治医、受持医

  • 入院中も外来担当医が引き続き主治医となりますが、その他受持医が通常3〜4名で協力してチーム診療にあたります。
  • 平日は朝夕の2回、休日は朝1回の受持医の回診があります。治療方針については毎週泌尿器科全体でカンファレンスを行っております。また泌尿器科全員での回診が毎週火曜朝に行われます。
  • 夜間など主治医・受持医の不在の時には、当直医師(365日24時間常駐)が適宜受持医と連絡を取りながら診療を行います。

入院期間

  • 各検査、手術の大まかな入院期間の目安は以下の通りです。具体的な退院日については状態に応じて、ご相談して決定します。
前立腺針生検 1泊2日
体外衝撃波結石破砕術(ESWL) 3〜5日
経尿道的膀胱腫瘍切除術(TUR-BT) 7〜10日
経尿道的前立腺切除術、レーザー核出術、バイポーラ核出術、バイポーラ蒸散術
(TURis、HoLEP、TUEB、TURis-V)
5〜10日
腹腔鏡下副腎、腎、腎尿管、前立腺摘除術(Lap-A、Lap-N、Lap-NU、Lap-P) 5〜10日
根治的腎摘除術、腎部分切除術、腎尿管全摘術、前立腺全摘術 7〜14日
膀胱全摘術 約2〜4週間

入院中のご説明

  • 治療や検査、病状などについては主治医、受持医より適宜説明があります。入院中に疑問の点やご要望があれば医師または看護師までお申し出ください。

付添

  • 入院中の看護は看護師がいたしますので付添は必要ありません。ただし患者さんの症状等でご家族の希望があり医師が必要と認めた場合に限り、ご家族の付添が認められます。

面会

  • ご面会の時間は、平日は午後3時から午後7時、土日祝日は午後1時から午後7時となっております。ご面会の方は病棟受付又は看護師にお申し出てください。
  • 多勢でのご面会や小さなお子様とのご面会はご遠慮ください。

入院生活

  • 入院中は医師や看護師からの指示をお守りください。
  • 病室でテレビ、ラジオをご利用の際はイヤホーンをご利用ください。
  • 携帯電話のご使用については、病院内は原則禁止となっておりますのでご協力下さい。公衆電話は病棟内にあります。
  • 外出や外泊をご希望のときは、看護師や医師にご相談ください。

先頭へ